膣のゆるみが気になるならトレーニングを試そう

骨盤底筋群のストレッチ

お尻

膣のゆるみや尿道のゆるみを改善するトレーニングが、骨盤底筋トレーニングです。骨盤底筋群は、膣や尿道の近くにあるインナーマッスルです。骨盤底筋群が加齢で劣化することで、膣や尿道がゆるみます。尿道のゆるみを放っておくと、尿漏れや頻尿につながるので注意が必要です。また、骨盤底筋群が劣化すると、お腹周りに脂肪がつきやすくなります。中年になるとぽっこりお腹になるのは、骨盤底筋群の衰えが原因の一つです。骨盤底筋トレーニングは、ただ膣や尿道を引き締めるだけではなく、健康にもダイエットにも良い効果があるトレーニングです。そのため、最近は膣の引き締めやダイエット目的に、骨盤底筋トレーニングをする女性が増えています。

ゆるみ改善やダイエット効果がある骨盤底筋トレーニングは、意識して普段使っていない骨盤底筋を動かすことで効果があります。骨盤底筋群があるのは骨盤の周りです。女性であれば、膣を引き締めたときに動く筋肉が骨盤底筋群です。椅子に背筋を伸ばして座り、肩の力を抜いてリラックスします。そして息を吸いながら、ゆっくりと骨盤底筋群に力を入れていきます。このときに腹筋に力を入れたり、お尻に力を入れたりするのはNGです。あくまでも骨盤底筋群だけを動かすことが大切です。力いっぱい加えて5秒ほど数えたら、ゆっくり息を吐きながら力を抜いていきます。これをワンセットにして、1日5セット毎日するのがお勧めです。そうすると膣や尿道のゆるみが改善し、引き締まります。